フロアヒンジについてABOUT PRODUCTS

フロアヒンジとは、ドア(開き戸)の軸側の床に埋込んで、ドアの荷重を支え、開けられたドアを適切なスピードで、ソフトに確実に閉める装置です。
ドアの閉じるスピードを調整出来ます。又、閉まり際の速度調整やドアの開き角度90°付近でストップさせたり、開きにくくする機能が付いたフロアヒンジもあります。
その他にも、ガラスのドアや石・タイル・じゅうたんの床面素材に対応した製品、防水性能を備えたフロアヒンジなどがあります。
長年ご使用頂けるよう、耐久性に優れています。周囲の状況やドアの大きさ等に合った最適なものをお選び下さい。

吊込み方法・開き角度

力とドアの大きさとの関係

フロアヒンジは内蔵された力の強さによって8種類に分けられます。
ドアの大きさ・重量を基準に最適なものを選んで下さい。
(下記の表に適用しない場合はお問い合せ下さい。)
風の強い場所に使用される場合は、1ランク上の品番を使用して下さい。

適用ドア寸法及び重量 該当品番
(代表機種のみ)
DW×DHmm ドア重量kg以下
450〜800×1800 15〜45 H-501
900×2100 70 H-511
950×2100 105 H-522
110 30・1300・835
1050×2400 185 40・1400・845
1200×2400 280 855
2200×2400 F-855
3000×2400 400 F-865

詳細は各品番をご参照下さい。

中心吊り自由開き

90°ストップ

ストップなし

内外120°開き

持出吊り一方開き

ストップなし
180°開き

ストップ付
90°開き
90°ストップ

左右勝手

一方開きドアには左右勝手があります。
● 右開き(右勝手)—ドアを押して右に開く場合
● 左開き(左勝手)—ドアを押して左に開く場合

ドア幅(DW)寸法が小さい場合、ドアを開くのが重くなります。
又、フランス落しを使用する場合は、フロアヒンジと重ならないように注意して下さい。

用語説明

石張りフロアヒンジ
石材を敷いた床用のフロアヒンジです。
石床は、ホテル・商業ビル・オフィスビル・マンションなどのエントランスに採用されています。
石張りフロアヒンジは、フロアプレートを露出させず、フロアとの一体感が出せるように石張り納まりに対応しております。
じゅうたん張りフロアヒンジ
カーペットを敷いた床用のフロアヒンジです。
カーペットは、オフィス・店舗・ホテルなどに採用されています。
じゅうたん張りフロアヒンジは、カーペットの厚みに対応出来るように設計してあります。
防浸形フロアヒンジ
床面が水没しても、セメントケース内に浸水しない防水性能を備えたフロアヒンジです。
ステンレス製のセメントケースやゴムキャップなどを採用し、ドアを支える主軸部分からの水や埃の浸入を防ぎます。
アクアヒンジ
ドアを支える主軸回りやフロアヒンジ本体と蓋の接合部にシール材を採用し、水や埃が入りにくくしたフロアヒンジです。
※アクアヒンジは完全な防水機能を備えたものではありません。
Z型トップピボット
ドアと竪枠の隙間(チリ)の調整が出来るトップピボットです。
(オプション)
ドア吊込み後でもドア幅方向の調整が出来ます。
建付けの微調整に有効です。
CFタイプ
ドアの開き角度90°辺りで制動力を効かせる機能です。
(オプション)
95°制限
95°以上ドアが開かないように角度を制限した機能です。
(オプション)
竪枠や壁にドアが衝突しないようにしたい場合に使用します。※95°制限はCFタイプとなります。

COPYRIGHT © NIPPON DOOR CHECK MFG Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.